量が多すぎた・足りないが起こらない残せるタイプ|白髪染めおすすめ口コミランキング

量が多すぎた・足りないが起こらない残せるタイプ

白髪染めを自宅でする場合、髪の毛の長さなどによって使う量が違ってきます。 白髪染めには使いきりタイプと残せるタイプの物があるようです。白髪染めを使う場合には、どのように選んでいったら良いのでしょうか。

 

白髪染めを自宅で行う場合には市販のものを購入し行います。白髪の量や髪の毛の長さ、全体を染めるのか部分的に合染めるのかによって、使う量も違ってきます。

 

市販の白髪染めは1箱でショートからセミロングを染める事ができるようです。量が多すぎた・足りないといったことが起こらないようにするには残せるタイプの物がオススメです。

 

残せないもの・取り置きできない物として、1剤と2剤を混ぜる液体や乳液タイプの物があります。これは使いきりタイプとなり、時間が経つと染毛効果がなくなってしまったりガスが発生する事があるので、残りは洗い流すことが必要になってきます。

 

残せるタイプの物は、1剤と2剤がそれぞれチューブに入っているクリームタイプの物、ワンプッシュで2剤が出てくるもの、ワンプッシュの泡タイプのものがあります。このようなタイプの物は、部分染めにもおすすめです。

 

その他、白髪染め専用のヘアマネキュア・カラートリートメント・カラーリンスなどがあります。このような物は、必要な時に使う事ができますがイドでは染まることが少ないので何度か使っていく必要があります。

 

しかし、頭皮には優しいので安心して使う事ができます。 残せる白髪染めは自分に合ったものを選び使っていきましょう